TOP > 個人型確定拠出年金TOP > 制度の特徴

制度の特徴

1制度概要(2017年1月1日より)

将来のための“じぶん年金”として非常に優れた制度です。

公的年金の給付水準が目減りしていくなか、3つの税制メリットをフル活用して今から将来に備えておきましょう。

制度概要

1 積 立 毎月掛金を積み立てます。
2 運 用 加入者自身の判断で運用商品を選択します(定期預金も選択可)。
3 受 取 原則60歳で受給権を取得し、年金(分割)または一時金(一括)で受け取ります。
※受給開始の時期は、70歳まで延期することができます

加入資格

日本国内に居住している20~59歳の方(厚生年金加入者は20歳未満でも加入資格あり)

※ただし次の方は加入できません

  • ●農業者年金の被保険者
  • ●国民年金の保険料免除者(障害基礎年金を受給している方等は除きます)
  • ●勤務先に企業型確定拠出年金制度があり、加入対象となっている方(勤務先の制度内容によっては個人型に加入できる場合もあります)

掛金

毎月の掛金は、限度額の範囲内にて5,000円以上1,000円単位で選べます。掛金額は、各年度に1回変更することができます。

(掛金の限度額)

  • ●自営業者等 ⇒ 6.8万円(月額)
  • ●専業主婦等 ⇒ 2.3万円(月額)
  • ●会社員(企業年金等の加入者でない方) ⇒ 2.3万円(月額)
  • ●会社員(確定給付型企業年金の加入者) ⇒ 1.2万円(月額)
  • ●公務員、私学共済加入者 ⇒ 1.2万円(月額)

※会社員で企業型確定拠出年金の対象となっている方は、原則として個人型は対象外となります。詳しくはお問い合わせください。

税制メリット

【1】積み立てするとき ⇒ 掛金は全額所得控除の対象となり、所得税・住民税が軽減されます
【2】運用するとき ⇒ 運用収益が全額非課税となります(通常は20.315%課税)
【3】受け取るとき ⇒ 60歳以降に受け取る際、年金は公的年金等控除、一時金は退職所得控除が適用されます

2資産が守られる仕組み

確定拠出年金は、関係機関の破綻等から年金資産が何重にも守られている、非常に安全性の高い仕組みです。

大切な資産を守る仕組み

年金資産の管理

国民年金基金連合会ならびに事務委託先金融機関(信託銀行)によって管理されているため、運営管理機関が破綻しても資産は守られます。

掛金の運用先

  • ●投資信託 : 運用資産は受託会社(信託銀行)で管理されるため、運用会社が破綻しても資産は保護されます。また、銀行の自己資産から分別管理されているため、信託銀行が破綻した場合も保護されます。
  • ●銀行預金 : 預金保険制度により、元本1,000万円とその利息分まで守られます。

記録関連業務

年金データの記録管理や運用指図の取りまとめは、専門機関に再委託しています。

※本プランでは、WEBサービスやコールセンター業務も含め、SBIベネフィット・システムズ株式会社に再委託しています。

3つみたて投資だから安心

「運用」と言われると、不安になる方も多いかもしれません。

しかし、極端に大きなリターンを狙わなければ、リスクを抑え不安を小さくする方法もあるのです。

つみたて投資とは

「つみたて投資(ドルコスト平均法)」とは、一定期間ごとに一定金額ずつ、同じ運用商品を購入していく投資方法です。

確定拠出年金は、自動的につみたて投資ができる仕組みになっています。

つみたて投資だから安心

  • 売り買いのタイミングで
    悩まなくてよい
  • 値下がりしたときの
    心理的な負担が少ない
  • 株価や経済の先行きを
    予測しなくてもよい

それでも不安な方は・・・

掛金は全て定期預金にすることもできます。

投資のことは少しずつ勉強し、納得してから始めるのも一つの方法です。

早くから始めた方がラク

なにごとも、準備は早くから始めた方が楽なもの。じぶん年金も同じです。

例えば、60歳までに1,000万円をつくるために必要な積立額は、50歳から始めると毎月8万円以上となりますが、40歳から始めれば4.2万円30歳なら2.8万円と、グッと楽になります。

積立開始 積立期間 毎月の積立額(運用による増減・各種費用は考慮せず)
50歳 10年 83,333円
40歳 20年 41,667円
30歳 30年 27,778円

資料請求

お問い合わせ

法人担当者の方 050-3819-6019

法人担当者の方 050-3819-6019

個人の方 050-3819-6018

個人の方 050-3819-6018

営業時間 平日 8:45 ~ 17:30

※クリックすると電話を発信できます

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

pagetop